2013年06月10日

富士を見に行く〜の巻

以前から気になっていた三ツ峠北口登山道を歩いてきました。
北口登山道は都留市役所HPに「熟練者向けの険しいコース等々」の警告文が掲載されています。
そして、期待と不安の入り混じった複雑な気持ちで富士急行「都留市駅」に降り立った管理人でした。
都留市駅は駅前にセブンイレブンがあって食料調達に不自由する事はありません。
駅前から「宝鉱山」行きのバスに乗車、登山口を目指しました。
終点の宝鉱山バス停から30分くらい林道を歩くと登山口に着きました。
歩き始めは険しいコースの片鱗もありませんが初滝付近からロープが張られた箇所やハシゴが現れました。
本コース最大の難所?のオーバーハング気味の岩をへずる所は一瞬で終わってしまいビビル
ひまがありませんでした。(笑)
それでもコースは山の標高の割には落差のある滝を高巻くように付けられていて、しかも
か細いので足を滑らせたら、それこそ大変です。
細心の注意を払って急な登りを続けた管理人でした。
最後の滝、白竜の滝を過ぎてから道は沢から離れヤレヤレといった感じでしたが、相変わらず
急である事は変わりありません。
記帳ノートの保管されているBOXから10分位で、ようやく御巣鷹山〜開運山間の稜線にたどりつきました。
今までとは全く雰囲気の違うハイキングコースを歩いて三ツ峠山に着きましたが、あいにく
富士山は雲に隠れていました。
それでも下山途中で雲が切れて富士山が顔をのぞかせてくれました。(感謝)
三ツ峠山荘付近のキレイなツツジにも癒された管理人は一路河口湖めざして一目散に下山しました。
途中の「母の白滝」でマイナスイオンをたっぷり浴びて、河口局まえバス停から帰路につきました。

写真上から
北口登山道にて
三ツ峠山付近から望む富士山
三ツ峠山荘付近のツツジ
母の白滝

※写真をクリックして表示された写真をクリックすると最大サイズになります。

t_P1000776.jpgt_P1000747.jpgt_P1000781.jpgt_P1000787.jpg
posted by yamalive at 21:27| 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする